Top >  それでも交配をするのなら >  犬の生理

犬の生理

何度でも言いますが、

それでも、どうしても我が子を見たいのであれば

きちんと覚悟をすることと、きちんと知識を付けてください


それでは本題に入ります


交配は、いつでも出来るわけではありません

まず、交配をするのには、2回目のヒート以降になります


ヒートをご存知ない方もいるかと思いますが、

ヒートは人間で言う生理です


知識の無い飼い主は、生理と言ってしまいますが、

正式には、犬の場合ヒートと呼びます


なぜ、1回目のヒートではダメなのか?

1回目のヒートは大抵生後6ヶ月〜来るものです


1回目のヒートでは、1歳を過ぎていないこともあり、

一般的に、体が未熟です


未熟な犬が子供を産むと、障害を持つことが多くあります


そんな犬を出さないために、2回目以降が望ましいです


そして、血統書を発行する際は、

両親犬が、必ず生後9ヶ月と1日を過ぎていないと

原則として血統書の発行は認められません


なので、全体的なことを考えて、

2回目以降が、ちょうどいいということですね


そして、交配にも年齢があります

大体、2歳〜5歳が望ましいと言われています

2歳を過ぎれば、体も十分に成長しています


5歳を過ぎてしまうと、老化が始まってくるので

体にも負担が掛かり、リスクが高くなります

ちなみに、以下の情報をお知りになりたい方はこちらをご覧ください
【『犬の生理』で検索された方が、最後に見ている人気ページです】


子犬のしつけ方法が知りたい方はこちら

犬に芸を覚えさせてみたい方はこちら

犬の保険をチェックしたい場合はこちら





         

それでも交配をするのなら

交配をするに当たって、たくさんの準備が必要です。
最低限の知識が無いと交配は、出来ません。
知識は、あればあるほど役に立ちます。
犬のために、1つずつ覚えて行きましょう。

関連エントリー

交配に必要な知識
犬の生理
里親の考え方について
交配相手
健康検査、アレルギー検査
交配時期




犬の生理と交配出産についてのメールセミナー 動物愛護スタッフが教える【犬の生理と交配出産講座】
【名字】
【メールアドレス】






Yahoo!ブックマークに登録