Top >  それでも交配をするのなら >  交配相手

交配相手

おおまかに言うと、2通りに分かれます


・一般の犬(友人の犬など)

・ブリーダー


知人が飼っている犬と交配させたいなど、

一般の犬と交配させることもありますが、トラブルが多いので止めましょう


私の友人も、交配をするときはプロのブリーダーにお願いをしていました

ブリーダーだと、相手の犬の血統によりますが、3万〜7万が相場ですね


ですので、一般の犬と交配するより費用が掛かってしまいますが、

親切なブリーダーだと、いろいろ相談に乗ってくれる方もいるので、人気があります

ちなみに、以下の情報をお知りになりたい方はこちらをご覧ください
【『犬の生理』で検索された方が、最後に見ている人気ページです】


子犬のしつけ方法が知りたい方はこちら

犬に芸を覚えさせてみたい方はこちら

犬の保険をチェックしたい場合はこちら





         

それでも交配をするのなら

交配をするに当たって、たくさんの準備が必要です。
最低限の知識が無いと交配は、出来ません。
知識は、あればあるほど役に立ちます。
犬のために、1つずつ覚えて行きましょう。

関連エントリー

交配に必要な知識
犬の生理
里親の考え方について
交配相手
健康検査、アレルギー検査
交配時期




犬の生理と交配出産についてのメールセミナー 動物愛護スタッフが教える【犬の生理と交配出産講座】
【名字】
【メールアドレス】






Yahoo!ブックマークに登録