Top >  出産後 >  子犬と母犬の保温

子犬と母犬の保温

出産後は、体温が下がってしまうので、

室温は30度に保てるようにしておきましょう


冬場は、犬用のゆたんぽを用意してあげ、

暖房を付けてあげてください


子犬は、少しのことで体温がかなり下がります

なので、よくチェックすることが大切です


夏場は、とても暑く感じてしまいますが、

我慢してあげてください


そして、母犬も子犬も出産後は、

体調を崩しやすいので、健康管理

しっかりと行うことが大切です


子犬は、とても繊細なので、

ひと時も、冷たい風に触れさせないでください

ちなみに、以下の情報をお知りになりたい方はこちらをご覧ください
【『犬の生理』で検索された方が、最後に見ている人気ページです】


子犬のしつけ方法が知りたい方はこちら

犬に芸を覚えさせてみたい方はこちら

犬の保険をチェックしたい場合はこちら





         

出産後

犬が出産をしてからの行動です
子犬が産声を上げなかったり、産後のトラブルもたくさんあります。
慌てないように対処出来るようにしてください

関連エントリー

子犬が声を発しなかったら
子犬と母犬の保温
食事、水分を与えましょう
子犬のしつけ方法
犬に芸を覚えさせてみたい
犬の保険をチェック




犬の生理と交配出産についてのメールセミナー 動物愛護スタッフが教える【犬の生理と交配出産講座】
【名字】
【メールアドレス】






Yahoo!ブックマークに登録