Top >  出産後 >  食事、水分を与えましょう

食事、水分を与えましょう

母犬は、子犬を産んだら、すぐにミルクをあげます


子犬たちも、目は開いていませんが、

探してミルクを飲もうとします


ですから、母犬は栄養を子犬に取られてしまいます

サプリメントや栄養の豊富なドッグフードを与えてあげてくださいね


また、授乳期用のフードも売っているので、

試してみるといいかもしれません

脱水症状を起こさないように、水をあげることも忘れずに行ってください


また、母性本能から飼い主が

子犬に触れることを嫌がり唸る母犬もいます


これは、一時的に子犬を守ろうとしているので、

嫌われたなど思わないようにしてください

時間が経つと、触らせてくれるようになります


以上が妊娠から出産までの大まかな流れです


とても大変だということがご理解して頂けると思います

ですから、あなたが本当に愛しているなら

このようなリスクは出来るだけ負わさないでください


でももし妊娠したら、このサイトの情報は

役に立つと思いますので、ぜひ参考にしてくださいね!


それでは、失礼致します

ちなみに、以下の情報をお知りになりたい方はこちらをご覧ください
【『犬の生理』で検索された方が、最後に見ている人気ページです】


子犬のしつけ方法が知りたい方はこちら

犬に芸を覚えさせてみたい方はこちら

犬の保険をチェックしたい場合はこちら





         

出産後

犬が出産をしてからの行動です
子犬が産声を上げなかったり、産後のトラブルもたくさんあります。
慌てないように対処出来るようにしてください

関連エントリー

子犬が声を発しなかったら
子犬と母犬の保温
食事、水分を与えましょう
子犬のしつけ方法
犬に芸を覚えさせてみたい
犬の保険をチェック




犬の生理と交配出産についてのメールセミナー 動物愛護スタッフが教える【犬の生理と交配出産講座】
【名字】
【メールアドレス】






Yahoo!ブックマークに登録