Top >  出産後 >  子犬が声を発しなかったら

子犬が声を発しなかったら

人間の赤ちゃんと一緒で、

犬も産声を上げないという状況は、とても危険です

慌てずに対処できるように、なりましょう


呼吸が出来ていないのは、大変危険な状態です

まずは、子犬を逆さにします

そして、高い位置から膝の辺りまで、ストンと落とすような形で、

気管に詰まったものを落とすようにします


このとき、子犬まで落としてしまわないように

注意をしてください


これを何度か行い、養水が出ないようであれば

子犬の鼻に口を当てて、吸い出してください


命を救うためです

グスグスはしていらません


そして、子犬の体をタオルで激しく擦り、

呼吸を促してあげましょう


これで呼吸すれば、いいのですが、

しなかった場合は、上に書いたことをし続けたまま、

病院に行くか、獣医に指示を仰いでください


どうでしょうか?

これだけ見ても命の誕生というのは

リスクや責任があります


しつこいようですが、

安易な交配や繁殖は行わないようにしましょう

ちなみに、以下の情報をお知りになりたい方はこちらをご覧ください
【『犬の生理』で検索された方が、最後に見ている人気ページです】


子犬のしつけ方法が知りたい方はこちら

犬に芸を覚えさせてみたい方はこちら

犬の保険をチェックしたい場合はこちら





         

出産後

犬が出産をしてからの行動です
子犬が産声を上げなかったり、産後のトラブルもたくさんあります。
慌てないように対処出来るようにしてください

関連エントリー

子犬が声を発しなかったら
子犬と母犬の保温
食事、水分を与えましょう
子犬のしつけ方法
犬に芸を覚えさせてみたい
犬の保険をチェック




犬の生理と交配出産についてのメールセミナー 動物愛護スタッフが教える【犬の生理と交配出産講座】
【名字】
【メールアドレス】






Yahoo!ブックマークに登録